蒼林窯

福岡県飯塚市にある焼き物のお店です 「作る・触れる・使う」 作品に出会うことで陶芸の良さを知って貰いたい そう思いながら日々新しい作品を生み出しています

春の夢ひらき展無事終了しました

ご来場の皆様、そして参加していただいた作家様
この度はありがとうございました!
今年も蒼林窯は新しい事に挑戦していきますので
よろしくお願いします


こんばんは蒼林窯です


さて。
正月の初売りもようやく終わりました
7日に終了しているのに、この記事が10日という具合に
完全に魂が抜けておりました

思えば年末31日に窯焚きをして
年が明けて1日の夜中に窯焚きをして・・・
これ以上ないくらい切羽詰った正月を迎えていました

ゴーーーッ!!


ジャジャーン!

そのおかげで出来上がった新作もあったので
間に合ってよかったなぁとは思ってますが
毎年「来年はもう少し余裕を持とう」と心に決めているのですが
いつもギリギリまで製作し
一個でも多く焼こうとしてしまうため
やっぱりギリギリになっています

来年はもう少し余裕を持とう!!


さて今回の展示会ですが

ちゃらんたんが人気でした。

いわゆる茶香炉で、明かりが漏れるのも楽しんでいただくという
そんなありがちな作品です
でも人気でしたありがとう

そして新作

今年は猿年ということもあり
赤い下着を身に着けると、一年間元気に過ごせるというのですが
真っ赤なパンツを穿く自分の姿が想像出来ません
お酒を飲んで健康に過ごそうというわけで酒器を作りました

ただお酒を飲む口実が欲しかっただけですけど

その他

正月展の案内状にも載せていただいた
ワイングラスも作成しました。

写真に載っていた作品を
年末にギャラリーさんに間違って預けてしまうという
完全にすっぽ抜けた感じになってしまい
今回は反省点もいっぱいありそうです

とりあえず来年は余裕を・・・無理か・・・

拍手[1回]

フェイスブック始めました

登録だけしていたって
何にも起こらないのは分かってるんですが
何かしなきゃと登録してみました。
何も起こりません

こんばんは蒼林窯のフェイスブックはこちらです

何も起こらないので書き込みして
そしてここでも宣伝です!
一日に2~3人が訪れる(2015年12月現在)
このブログで宣伝してどのくらいの効果があるのか知りませんが。。。

もしやその1人に自分も含まれているのでは?
なんとなく寒くなります。

しかし、やはり知ってもらうことが一番大事!
というわけで、ブログもフェイスブックも
更新していきます!と断言しますので
応援してください

良かったらお友達に

いいねだけでも

見るだけでも・・・


人が見ないとどんどん卑屈になっていきます



ちなみに
ブログ足跡に自分含まれてました
Oh!No!!

拍手[4回]

春の夢ひらき展

一年がたつのは早いですね
歳をとると早くなるといいますが
まだそんな歳でもないのにそう感じることが多い今日この頃です

こんばんは蒼林窯です


さてそんなわけで
今年も毎年恒例の春の夢ひらき展がやってまいりました
 

期間は
1月3~7日
11時~17時

参加作家は
陶じゃみん(大分)
ガラス工房カリヒロ(熊本)
切絵のK-Ta(大分)
そして私です
結構お馴染みのメンバーかも…


恒例の1000円くじに加え
今回はなんと作家全員によるワークショップも開催します!

じゃみんさんと私でロクロ体験
カリヒロさんはガラスのアクセサリー作り
K-Taさんは切絵の体験

ワークショップは有料になりますが
お茶コーナーは無料で併設しておりますので
お時間をとってお越しください!

拍手[1回]

ろくろ体験

ろくろって凄く敷居が高いイメージがありますが
4歳くらいの子が、初ロクロでお茶碗作って帰ります
え?陶芸家の威厳って何だろう・・・

こんばんは蒼林窯です


というわけで
作っていった作品がこちらです
ドン
 

一番左がそうです、ちゃんとお茶碗してますね!
粘土は少し難度が高い土でしたが
なかなか完成度の高い作品が出来上がっています
他の方の作品も完成度が高く
もしかしたら家族揃って陶芸向いているかもしれませんね
うかうかしていられない!


完成作品を見て喜ぶ顔を見るのも私の楽しみの一つ!
しかし残念ながらお会いできず・・・
今度は私が居るときに遊びに来ていただけるとうれしいですね☆

拍手[0回]

好きこそ物の上手なれ

蒼林窯お勧めの体験といえば・・・
そう、手びねりです!
ろくろに比べて作者の個性が存分に発揮され
小さなお子様から大人まで一緒になって楽しめる
これって体験の醍醐味ですよね

こんばんは蒼林窯です


まずはいつもどおりの質問
「お客さん、何を作りますか?」
普通ならここで、お皿、コップなどと来るのがセオリー
いや別に、それが悪いわけじゃないんですが

その人は私のカメレオンを見て
「こんなのが作れるなら」
と、シュモクザメ作りに挑戦することに

普段なら白い土をお勧めする私ですが
すっかり悪乗りして、他の土で作るのを快諾したり
どんなものが出来るか楽しみでした

その後
1時間以上かけて四苦八苦しながらも
ようやく作品が完成


焼き上がりがこちら


鉄の多めに入った土に鉄粉やシャモットを混ぜた粘土で焼き締めです
細部まで凝ったディティールがかっこいいですね

ほんとにサメがすきなのが伝わってきます
好きこそ物の上手なれ・・・
自分も見習うところは多いですねぇ

拍手[3回]