蒼林窯

福岡県飯塚市にある焼き物のお店です 「作る・触れる・使う」 作品に出会うことで陶芸の良さを知って貰いたい そう思いながら日々新しい作品を生み出しています

夏も終わりますが【日本酒クーラー】

暑い夏が一瞬で過ぎ去ってしまいました
今年は海を見てもいません

なんとなく仕事して仕事して寝る
それだけで終わったような気がします。

花火大会は3つ見ましたけどね

こんばんは蒼林窯です


しばらくこのブログも放置されておりましたが
また少しだけ時間が出来そうなので
更新をしていこうと思いました

そして過去の記事を見ていたら
商品写真が少ない!

コレは由々しき事態です
このブログを読んでいる読者に
何屋さんか忘れられてしまうよ?


というわけで
夏にぴったりなこの作品!



涼しげな色合いに、金魚のモチーフの日本酒クーラー
これまた陶器の器に注げば
夕涼みの一杯にぴったりの晩酌セットが完成。

優雅ですね~
いいでしょ~?


夏終わっちゃった?
俺が仕事に明け暮れている間に?
海にも入れなかったのに終わってるなんてまさか・・・ね


あ、そういえば花火大会は3回行った気がする

拍手[2回]

阿蘇アート&クラフトフェア

阿蘇の上色見という場所でやっているこの展示会は
今年で13回目になるそうです。
ここには毎年沢山の作家さんが参加します

この展示会はお金を稼ぐ目的だけじゃなく
お客様とも、作家さんとも出会える良い機会になってくれます


こんばんは蒼林窯です





この阿蘇アート&クラフトフェア(以下阿蘇アート&クラフト)は
上色見の廃校になった校舎を利用して毎年行われています

今は秋を基盤に認知度が上がり
春にも近くの町民体育館等を使い
阿蘇アートクラフト(以下阿蘇A&C)を開催しています。

出展者は今回120ブース以上!
一日回るだけの価値のある展示会となっています
すごいよ阿蘇A&C(以下AAC)


そして私は120軒の出展者の一番端っこです
出展応募者が多かったのか、体育館や教室といった
屋根のある場所をお願いしていたのですが
テントブースでの販売となりました。

屋外でも一生懸命やりますよ!


まずは新しい体験を開発中でございます
出先でも参加できるように焼かなくて良い体験を準備中
これはまた後に説明したいと思います

あとはコレですよね☆


じゃーん
ミニミニ皿!

こんな感じで。がんばっています。

新作もありますよ    一応


是非みなさんもAAC(以下   )にお越しください!




阿蘇アート&クラフトフェアの宣伝でした!

拍手[1回]

肩透かし

別にそんなに歳でもないんですけど
最近のアイドルグループはメンバーの名前も分かりません
といったら
同調してくれる人が多くなりました
でも、48人のやつじゃなくても、TOKIOとかHey!Sey!JAMPとかも分かってません

こんばんは蒼林窯です


さてそんな私のところに一本の電話が掛かってきました

「はい、蒼林窯です」
「こちら東京のテレビ番組を作っている会社なのですが
 5月の25日か6月の9日にそちらで撮影させていただきたいのですが」

なんということでしょうか
こともあろうに何を間違ったかどういう訳か
ウチなんかにテレビが入るようです。

しかしはやる気持ちは押さえて

「あ、そうなんですね
 ウチはかまいませんよ」

とか答えてみるわけで

「それは助かります
 ではその日にスタッフの者が
 HKTのメンバー4~5人連れてお伺いいたしますので…」

え~~っ!?
何しにくるの??

「あ、そうなんですね
 ウチはかまいませんよ」

とか答えてみたりして
Hey!Sey!を装ってみたりして(動揺中


まぁそんなやり取りで電話を切ったのですが

さぁそわそわするぞ!
テレビ撮影なんてそっちのけで
工房にこもってる引きこもりは
生アイドルなんて見る機会はありませんので
そっちメインで楽しみです

その後に来たお客さんにそれとなく話題を振ったりして
「まぁでもメンバーの名前も知らないんですけどね」
とか、浮かれてないふりをしながら
なんだかんだで言いふらしてました


しかしあるとき気が付いた

ウチのごちゃごちゃした工房がテレビ放映されてしまう!
急いで片付けをしなければ・・・

そこからはもうばたばたと
やれ物を捨てるだ、やれ配置換えをするだ
てんやわんやであちこちひっくり返して
最終的には隣のもりの舟をも巻き込んで棚を作ってもらったりと
もう大騒ぎ


おかげでできた棚も立派で、体験作品を安全に見せれるようになりました



さて。
5月25日・・・

こないぞ?


そして6月9日



こないぞ・・・





来ませんでした。



工房が少し綺麗になりましたので
HKT48ばりの美女のご来店お待ちしています。

拍手[0回]

スキカッテ動物園

リピーターさんというものは大変嬉しいものです
「蒼林窯の体験面白かった!」と、もう一度来たいと思ってもらえる
なんて光栄なお話なのでしょうか!
もう一度言います
「蒼林窯の体験面白かった!」
というわけで
いつも好きな物を作らせている私ですが
輪をかけて好きな物を作ってもらいました

こんばんは蒼林窯です


去年の暮れにロクロの体験をしていただいた方が
またこちらによって頂き
今度は手びねりに挑戦するとのこと

前回ろくろの際に
「俺は花瓶に挑戦する!」と言っていた彼
先に言っておきますが
ろくろではお茶碗、コップ、お皿、花瓶やとっくり
の順に難しくなってゆくのです
いきなり最高難易度に挑戦するというのだから
実はこっそり鼻で笑ってやらせてみたら

ちゃんとしたのを2個も作ったという実力者
今回も期待が高まる

そしてその連れの女性は
ちょっと不器用だがとても楽しそうに作陶する子

そんな二人組の作品は
さながら動物園のようになっていく



まずは
背中の切れ込みはわざとであり
ここに写真を立てるのだということ

実は私が珍しくダメ出しをして作り直させた
はじめの作品はさながら・・・
落石にやられたカエルだったので
どうみても。


つぎ


動物の定番
である
この記事を書きながら思い出したが
これも顔にダメ出しをした気がする
普段は本当にやらないことなのだけど
なぜか今回はつい口が出てしまった
猫埴輪はちょっといただけなかったので

つぎ


ああ、これは


うん羊だ

何だろう脈絡がない

そしたらここで
「じゃぁ十二支だとあと何があるかな?」
と言い出す

あと12匹も作るのか!?
ていうか、それ以前の動物は十二支ですらありません

というわけで次


、これはだいぶ悩んだ
なかなか蛇っぽくならなくて何度もトライ
ようやく「キングコブラ」で落ち着く
十二支でキングコブラはなかなか見ないぞ




ちんあなご
何故!?

しかも蛇の顔の模型にと私が作った頭を流用
なんでも有りなのか!?

そして会心の作
 

裸婦像を思わせるしなやかな曲線
アンニュイな顔の

アザラシ

十二支には入っていませんがこれは良い感じ
いや、今までのものも良いんですよ本当ですよ


で、ここまではすべて女の子の作品
例の期待大の男の子の作品は?

 
森の中の巨体妖怪こと
トトロさん

あーもう!上手すぎてコメントできません!


あと、ついでに
私の作品


ん~

何か負けてる気がするぞ?


アザラシに

拍手[2回]

秋月散策

本日は天気にも恵まれ
山は煙が立ったようにスギ花粉をばら撒き
とても良いお天気でした

こんばんは蒼林窯でハックシュン!


花粉アレルギーに負けずに久々の外出
出掛けにおしゃれをしようと
普段穿かないズボンを手に取ると

なにやらポケットに異物


固まった5枚の千円札・・・


なんという天恵か!!
久しぶりの外出に思わぬ臨時収入が舞い降りました


というわけで、秋月のおひな祭りに行ってきました
2月の3日から始まっていたこのお祭りも今日が最終日
さらに平日ということもあって散策するにはもってこいでした


総勢250体以上のひな壇!
圧巻の迫力でした

上段のほうも、通常三人官女や五人囃子の居る辺りに
お内裏様にお雛様がひしめいています!


さて、用事は終わりました


というのも寂しいので
昔お世話になった木工の作家の
工房「調」さんの仕事場へお邪魔してみました

この作家さんは10年ほど前まで
杜の舟さん主催の木土藍楽展へ出展していただいていた方で
主催の杜の舟も丁寧な仕事をする、技術的に高いと言っていたのを覚えています

写真は撮れなかったのでネットからの拾いものですが
作品の一部です


ちょうど展示会から帰ってきて一息ついているところに突撃
しばらくお話をさせていただきました。
ひそかに、私の主催する春のゆめひらき展への出展もお願いできれば・・・
と思っていましたが
このごろ拾った猫の話に終始してしまいとうとう話し出しませんでした
動物の話は盛り上がるのがいけない!

工房調を後にして
食事の古処鳥バーガーに舌鼓を打ったあと
さぁて帰るかとメイン通りに出ると

いた。


工房調さんは「ウチで飼ってる」と言っていましたが
この辺の人に聞けば全員が「ウチで飼ってる」という感じの猫
みんなにご飯をもらってまるまるしています!


妙に懐かれて動けず
風が冷たくなった頃に離脱


温泉へ行きゆったりしたら・・・





まってました!!!
キリンビアファームで夕食!


ちょっと贅沢しすぎですか?
いえいえ大丈夫!
朝一番で見つけた天恵がありますからね


いや本当に日ごろの行いが良くて良かった

拍手[5回]